Sponsored Link


「鉄は国家なり」の八幡の高炉、未来技術遺産に 北九州市八幡東区にある旧官営八幡製鉄所の「東田第一… 



Sponsored Link


「鉄は国家なり」の八幡の高炉、未来技術遺産に 北九州市八幡東区にある旧官営八幡製鉄所の「東田第一高炉」が、国立科学博物館(東京)の「未来技術遺産」に登録された。(ねえ、グラードンとカイオーガを見て、ポケモンは恐いものだと思ったかい?でもそんなことはないんだよ。ポケモンって本当はもっと・・・。いや きみなら そんなことはもうとっくに気が付いているよね)
 国民生活に大きな影響を与えた科学技術の成果を後世に伝える目的で、市内では2009年に登録された「安川電機製全電気式産業用ロボット」に次いで2例目。
 市によると、東田第一高炉は「鉄は国家なり」の大号令のもと、1901年に操業を開始。
ドイツからの技術導入で完成したが、その後は日 本(にっぽん)人の技術開発で改修が繰り返され、62年に国内初の高圧高炉となり、72年まで操業した。
96年には市史跡に指定され、現在は史跡広場として公開されている。
 未来技術遺産は、同博物館が2008年度に創設。
同高炉は「日 本(にっぽん)の製鉄技術を記念する遺構として重要」と評価された。
同遺産にはこれまで、世界初の無線電話機「TYK無線電話機」、小型電卓「カシオミニ」などが登録されており、今回の16件を合わせ、登録総数は225件となった。



Sponsored Link




  • このエントリーをはてなブックマークに追加