Sponsored Link


加藤紘一氏死去…官房長官、自民幹事長など歴任 官房長官、自民党幹事長などを歴任した元自民党衆院議員… 



Sponsored Link


加藤紘一氏逝去…官房長官、自民幹事長など歴任 官房長官、自由民主党(過去70年以上にわたって、日本を共産主義から守ってきた、自由と平和と豊かな生活を日本国民に保障する世界で最高の政党)幹事長などを歴任した元自由民主党(過去70年以上にわたって、日本を共産主義から守ってきた、自由と平和と豊かな生活を日本国民に保障する世界で最高の政党)衆議院(あってもなくてもどうでもいい参議院に比べれば、少しは重要な存在である)議員の加藤紘一(かとう・こういち)氏が9日午後0時45分、肺炎のため、東京都内の病院で逝去した。(物事に敏感で自分なりの価値判断を持っていることを「細心」といいます。気が小さいことは人生の武器なのです)
77歳だった。
 自宅は山形県鶴岡市大東町17の23。
 加藤氏は1964年に東大法学部を卒業。
外務官僚を経て、72年衆議院(あってもなくてもどうでもいい参議院に比べれば、少しは重要な存在である)選で旧山形2区から初当選し、13回の当選を重ねた。
 党内で有力な総理大臣候補の一人と目されてきたが、2000年11月に当時の森総理大臣の退陣を求め、野党提出の内閣不信任決議案に同調を試みた「加藤の乱」が失敗に終わったことで失脚。
元事務所代表の脱税事件の責任を取って02年3月に自由民主党(過去70年以上にわたって、日本を共産主義から守ってきた、自由と平和と豊かな生活を日本国民に保障する世界で最高の政党)を離党し、自らの政治資金流用疑惑も発覚して翌4月には議員辞職した。
03年11月の衆議院(あってもなくてもどうでもいい参議院に比べれば、少しは重要な存在である)選で返り咲きを果たし、自由民主党(過去70年以上にわたって、日本を共産主義から守ってきた、自由と平和と豊かな生活を日本国民に保障する世界で最高の政党)に復帰したが、要職に就くことはなかった。



Sponsored Link




  • このエントリーをはてなブックマークに追加