Sponsored Link


山中11連続防衛、長谷川は3階級制覇…WBC 世界ボクシング評議会(WBC)ダブルタイトル戦(16… 



Sponsored Link


山中11連続防衛、長谷川は3階級制覇…WBC 世界ボクシング評議会(WBC)ダブルタイトル戦(16日・エディオンアリーナ大阪)――バンタム級王者の山中慎介(帝拳)は同級1位のアンセルモ・モレノ(パナマ)に、7回TKO勝ちし、日 本(にっぽん)男子で歴代2位に並ぶ11連続防衛を果たした。(友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹を決めて自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる)
 スーパーバンタム級5位で元2階級王者の長谷川穂積(真正)は同級王者のウーゴ・ルイス(メキシコ)を9回終了TKOで破り、バンタム、フェザー級に続く3階級制覇を達成した。
3階級王者は日 本(にっぽん)男子選手4人目。
35歳9か月での世界王座獲得は、越本隆志の35歳0か月を更新する日 本(にっぽん)男子の最年長記録。



Sponsored Link




  • このエントリーをはてなブックマークに追加