クリトリス 一覧

NO IMAGE

「大騒動、気の毒なライアン・コネル氏…読者だってマユツバで読んでただろう」…ゲンダイ主張・編集責任… 17779

「大騒動、気の毒なライアン・コネル氏…読者だってマユツバで読んでただろう」…ゲンダイ主張・編集責任者の処分に発展するなど、大騒動になっちゃったの英文サイト騒動。同社の英文サイト内のコラム「WAIWAI」で「豚を獣姦して食べた」だの「母親が中学生の息子をフェラチオしている」だの、目が点になるような記事が掲載されていたからだが、ちょっと気の毒なのが担当していたオーストラリア人、ライアン・コネル氏だ。同...

記事を読む

NO IMAGE

大騒動になっちゃったの英文サイト読者だってマユツバで読んでいたろうに、今さらなんで?と日刊ゲンダ… 21789

大騒動になっちゃったの英文サイト読者だってマユツバで読んでいたろうに、今さらなんで?と日刊ゲンダイ編集責任者の処分に発展するなど、大騒動になっちゃったの英文サイト騒動。同社の英文サイト内のコラム「WAIWAI」で「豚を獣姦して食べた」だの「母親が中学生の息子をフェラチオしている」だの、目が点になるような記事が掲載されていたからだが、ちょっと気の毒なのが担当していたオーストラリア人、ライアン・コネル...

記事を読む

NO IMAGE

「大騒動になっちゃったの英文サイト読者だってマユツバで読んでいたろうに、今さらなんで?」ゲンダイ… 24257

「大騒動になっちゃったの英文サイト読者だってマユツバで読んでいたろうに、今さらなんで?」ゲンダイ主張編集責任者の処分に発展するなど、大騒動になっちゃったの英文サイト騒動。同社の英文サイト内のコラム「WAIWAI」で「豚を獣姦して食べた」だの「母親が中学生の息子をフェラチオしている」だの、目が点になるような記事が掲載されていたからだが、ちょっと気の毒なのが担当していたオーストラリア人、ライアン・コネ...

記事を読む

NO IMAGE

「よく隠し通せたね…」胸にさらしを巻いて男として高校に通い、苦悩の連続…性別判断の難しい性分化疾患… 1850

「よく隠し通せたね…」胸にさらしを巻いて男として高校に通い、苦悩の連続…性別判断の難しい性分化疾患・男か女か。人生を左右する重大な決定が新生児医療の現場で揺らいでいる。染色体やホルモンの異常により、約2000人に1人の割合で発生するとされる性分化疾患。国立成育医療センター。性分化疾患の研究・治療で国内をリードする一人、堀川玲子・内分泌代謝科医長は、センターが開所した02年から診察を続けている一人の...

記事を読む

NO IMAGE

「大騒動、読者だってマユツバで読んでただろう…気の毒なライアン・コネル氏」…ゲンダイ主張・編集責任… 29580

「大騒動、読者だってマユツバで読んでただろう…気の毒なライアン・コネル氏」…ゲンダイ主張・編集責任者の処分に発展するなど、大騒動になっちゃったの英文サイト騒動。同社の英文サイト内のコラム「WAIWAI」で「豚を獣姦して食べた」だの「母親が中学生の息子をフェラチオしている」だの、目が点になるような記事が掲載されていたからだが、ちょっと気の毒なのが担当していたオーストラリア人、ライアン・コネル氏だ。同...

記事を読む

NO IMAGE

大統領の陰棒「インサイド・ディープ・スロート」 ポルノ映画のパイオニア「ディープ・スロート」(75… 25486

大統領の陰棒「インサイド・ディープ・スロート」 ポルノ映画のパイオニア「ディープ・スロート」(75年、ジェラルド・ダミアーノ監督)。エロテイックな映像ととともに、当時のニクソン政権にワイセツ裁判で弾圧されたことでも知られる。その裏事情を描いたドキュメンタリー映画「インサイド・ディープ・スロート」が11月12日、ヴァージンTOHOシネマズ六本木ヒルズなどで公開される。その“主人公”であるダミアーノ氏...

記事を読む

NO IMAGE

女性の性感帯「Gスポット」の位置がついに特定される女性の究極の性感帯ともいえる「Gスポット」は一体… 2231

女性の性感帯「Gスポット」の位置がついに特定される女性の究極の性感帯ともいえる「Gスポット」は一体どこにあるのか――研究所、そしてベッドの中で半世紀以上にわたり模索されてきたその位置が、いよいよ特定されることになりそうだ。英科学誌ニュー・サイエンティスト(NewScientist)に研究結果が報告された。Gスポットとは、1950年にドイツの産婦人科医グレーフエンベルク(ErnstGraefenbe...

記事を読む